WordPressの手動バックアップ(さくらサーバー)のやり方

今日はWordPressの手動バックアップのやり方を収録してみました。

僕は知らないのですがWordPressには自動でバックアップをしてくれるツールやプラグインがあるそうです。

しかしそのツールがどれぐらいちゃんとやってくれるのかわからないし、復元方法もツールによって異なると思うので、もっともスタンダードなWordPressの手動バックアップのやり方を推奨したいと思います。

さて、僕が使っているレンタルサーバーはさくらインターネットのさくらサーバーなので、さくらの画面からバックアップを行っていきます。(他のレンタルサーバーでも仕組みは同じなので参考にしてみてください)

WordPressの手動バックアップは2段階になっています。2段階とは何かというと
1.WordPress本体ファイルや画像のバックアップ
2.WordPressが使っているデータベースのバックアップ
のこの2つを行わないといけません。

順番にやっていきますので参考にしてみてください。

動画で解説

↑こちらで動画で解説しています。

↓ここから画像で解説しています。

WordPress本体ファイルや画像のバックアップ

ステップ1.
wpbksakura01
さくらのコントロールパネルにログインする

 

 

ステップ2.
wpbksakura02
ファイルマネージャーをクリック

 

 

ステップ3.
wpbksakura03
さくらサーバーの中が表示されます。自分がWordPressをインストールしたフォルダを左側のフォルダ郡から探してください。
つぎに②の名前の横にあるチェックを入れれば、ファイルやフォルダが全てチェックが入りますので
③「ダウンロード」をクリックします。

 

 

ステップ4.
wpbksakura04
小窓が出てくるので「開始」をクリックします。

 

 

ステップ5.
wpbksakura05
「ファイルを保存する」をクリック。選択したファイル全てがzip形式に圧縮されます。

 

 

ステップ6.
wpbksakura06
保存したファイルがデスクトップにあります。

 

 

ステップ7.
wpbksakura07
圧縮されたファイルを解凍してみると、上図のようなファイル群が展開されるはずです。これでOKです。

 

 

WordPressが使っているデータベースのバックアップ

ステップ1.
wpbksakura08
再度さくらのコントロールパネルを開き、画面左の方の「データベースの設定」をクリックします。

 

 

ステップ2.
wpbksakura09
画面真ん中あたりに「管理ツールログイン」があるのでそれをクリック。

 

 

ステップ3.
wpbksakura10
phpMyAdminという画面が出るので、データベース用のユーザ名、パスワードを入力して「実行する」をクリックします。

 

 

ステップ4.
wpbksakura11
ログインが成功するとこのような画面になります。画面左側の方にあるWordPress用のデータベースをクリックします。
information_schemaというのがありますが、これじゃないやつです。

 

 

ステップ5.
wpbksakura12
WordPress用データベースの中が表示されるので、「エクスポート」をクリックします。

 

 

ステップ6.
wpbksakura13
DROP TABLE/VIEW/PROCEDURE/EVENTを追加 のところにある□にチェックを入れます

 

 

ステップ7.
wpbksakura14
「ファイルに保存する」にチェックを入れて、「実行する」をクリックします。

 

 

ステップ8.
wpbksakura15
OKをクリック

 

 

ステップ9.
wpbksakura16
データベースファイルが保存されればOKです。データベースファイル名は「~~~.sql」となります。

 

 

バックアップをとった「WordPress本体ファイル群」と「データベースファイル」は保存しておきましょう。これらのファイルからサイトの復元などができるようになります。

 

▼お役に立てましたら「ツイート」か「イイネ」か「はてブ」してくださいm(__)m▼


関連記事

ページ上部へ戻る