WordPressの手動インストール(Xサーバー)の手順

 

WordPressの手動インストールについてはこのサイト上でいくつかお伝えしていますが、今日はXサーバーで行う場合について記載しています。

WordPressを手動でインストールできると1個のデータベースに複数のWordPressをインストールできて便利ですよ^^

WordPressの手動インストールはいつもお伝えしているように次の2段階で行われます。

1.データベースを使えるようにする
2.WordPress本体ファイルをレンタルサーバーにアップロードしてインストール

まずWordPressの本体ファイルを公式サイトから取得しておきましょう。
こちらのサイト画面右下からダウンロードして、zipファイルを解凍しておきます。

 

データベースを使えるようにする

STEP1.データベースの準備
こちらの記事
をご覧いただきデータベースを作成して使えるようにしておきます。データベース作成時に入力した下記の項目はあとで使うのでメモ帳などに保存しておきましょう。
・データベース名
・ユーザー名
・パスワード
・ホスト名

 

WordPress本体ファイルをレンタルサーバーにアップロードしてインストール

STEP1. FTPツールを用いて、Xサーバーにアクセスします。アップロード先には3つの不要ファイルがあるので削除しておきます。
wpinstxs01

 

STEP2. ダウンロード&解凍しておいたWordPressの本体ファイルをFTPツールを用いてアップロードします
wpinstxs02

 

STEP3. アップロードが完了しました
wpinstxs03

 

STEP4. ドメインにアクセスしてみましょう。XサーバーのPHPのバージョンが低いと以下のような画面になってしまうので、その場合はPHPのバージョンを上げます。
こちらの記事をご覧ください。
wpinstxs04

 

STEP5. ドメインにアクセスしてみましょう。以下のような画面が出ればOKです。「設定ファイルを作成する」クリック。
wpinstxs05

 

STEP6. 「さあはじめましょう」
wpinstxs6

 

STEP7. データベースを作成したときにメモしておいた以下の項目を入力します。
・データベース名・ユーザ名・パスワード・ホスト名
「テーブル接頭辞」のところは重要です。任意の文字列をあなたが決めて入力します。僕は ドメイン名_ にしています。最後「送信」をクリックします。
wpinstxs07

 

STEP8. あとは手順に従って進めていけばOKです
wpinstxs08

 

STEP9. サイト名などを入力
wpinstxs09

 

STEP10. 完了
wpinstxs10

 

この情報がお役に立てましたらブクマかツイートしてください^m^

 


関連記事

ページ上部へ戻る