Windows10アップグレードすべきでしょうか?

こんにちは。
エンドーです。

最近、Windows10がリリースされ、更新が行われているようですね。

巷ではWindows10にアップグレードしたことによって阿鼻叫喚地獄になってる様子です。

Windows10はいいらしい、立ち上がりが早い、もし使い勝手が悪くてもダウングレードが出来る、といった評判が飛び交っています。

Windows10にアップグレードすべきなのでしょうか、というのが今日のお題です!

個人的には、というか以前からこのブログではOSのバージョンアップはすぐに飛びつかないほうがいい、というお話をさせて頂いています。

なぜか、理由を記載していきます


◯Windows10にしたことによって新たにバグが出るかもしれない
◯アップグレードして使い勝手が悪くてもダウングレードできないかもしれない
◯Windows10が安定して動作するとは誰もいってない
◯バグが内包され、MS社によって許容されたまま動作しつづけてるかも
◯すぐバグ修正パッチがリリースされて、その都度、アップグレードしないといけない
◯いままで正常動作してたアプリが動かなくなるかも
◯ユーザーインターフェイスに慣れるまで時間がかかる

こういった事が起こるからです。

ですから、パソコン初心者の方ほど慎重にアップグレードした方がいいです。というかしないほうがいいです!(爆

僕は以前SEとして働いていました。やはり社内でもOSのアップデートにはシビアでした。

セキュリティ部門などがひと通りの動作をチェックして、社内システムの動作もチェックして問題ないことを確認してから、数カ月後に、全社のPCに対してアップデートを実行するような流れでした。

会社の中だけじゃなくて、個人のPCも同様だと思っています。

世間の評判や操作感、バグなどが落ち着いた頃に、OSのアップデートをすることをオススメしたいですね。

 

古いOSはセキュリティ的に危険?

これはよく言われる事です。

古いOSをそのまま使ってると危険だよーーて。

いやいや、そんな事ないから。もしそんなことを言って新しいPCを薦めてくる人がいたら、疑ってかかったほうがいいです。

PCを買わせたいか、PCを買わせたいかのどっちかです。

Windows10は無償でアップグレード出来るそうですので、費用はかかりませんけどね。

てことで、安易にOSをアップグレードしないように!というお話、第2段でした!


関連記事

ページ上部へ戻る