ハードディスクの空き容量を増やしたい!ディスククリーンアップを使う方法

i20140428

パソコンのハードディスクの空き容量が無くなってきたら空きを作ることを考えないといけません。

たとえばハードディスクを増設する、外付けハードディスクを買ってくる、不要なファイルを削除して空き容量を増やす、などですよね。

ここでは不要なファイルを削除して空き容量を増やすやり方を説明します。

今日使うツールはWindowsに標準でついてる「ディスククリーンアップ」というツールです。

cleanup01
僕のPCは101GB中のこり12GBしかなくなってしまってました(汗

 

ディスククリーンアップの使い方

cleanup02
Windowsの画面左下の「スタート」>「すべてのプログラム」といって

 

cleanup03
「アクセサリ」>「システムツール」といけば・・

 

cleanup04
その中に「ディスククリーンアップ」というツールがあるのでそれをクリックして起動します。

 

cleanup05
対象のドライブを選択。ここではCドライブを選択します。

 

cleanup06
ツールが立ち上がるので、削除する不要なファイルを選択します。

  • ダウンロードされたプログラムファイル
  • インターネット一時ファイル
  • ゴミ箱
  • 一時ファイル
  • 縮小表示

この5つにチェックが入れます。これらはあるとちょっと便利なファイルたちでしたけど、ハードディスクの空き容量を増やすためにはやむを得ません。もはや無用のファイルなので削除します。

 

cleanup07
「OK」をクリックして「ファイルの削除」をクリックすれば完了です。

 

システムファイルのクリーンアップも行う

システムで自動的にバックアップを取ってる事があって、最新のモノ以外は不要なので過去のバックアップを削除しましょう、というのがココです。
ディスククリーンアップツールをもう1度起動してください。

cleanup08
今度は「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

 

cleanup09
先ほどと同じようにCドライブを選択

 

cleanup10
出てきた画面の上の方の「詳細オプション」をクリック。
つぎに画面下の方にある「クリーンアップ」をクリック。
出てきた画面の「削除」をクリックします。

 

cleanup11
元の画面に戻るので、「OK」をクリックして「ファイルの削除」をクリックすれば完了です。

 

cleanup12
画面左下のスタートメニュー>コンピューターとクリックしてから、出てきた画面の「ファイル」>「最新の情報に更新」とすれば、空き容量が増えたかどうか確認することができます。

 

※例だとあまり空き容量が増えていませんが、僕のPCは1度録画前に空きを増やしてしまったのであまり増えていません。あなたのPC環境によっては数ギガバイト単位で空きが増えることもあるでしょう。


関連記事

ページ上部へ戻る