社内SE 楽

MENU

社内SEの仕事は楽なのか?

社内SEへ転職したいという方のなかには「楽だから」という方も少なくないと思います。では、実際社内SEの仕事は楽なのでしょうか?

 

個人的には社内SEは楽だと思います(笑)といっても私が勤務していた会社の中での話ですので、他の会社が同様かというとわかりませんが。

 

例1

社内SEといっても業務内容は人それぞれです。社内のインフラやネットワークの保守、セキュリティ向上をしたり、社内システムの啓蒙などをする業務。社内にひかれているLANとWANの構築、異常がなければ定時で帰宅、暇な時間が多いので資格取得の勉強にあてる人も。自分のペースで仕事ができて、同じ社内のスタッフから新しく社外向けHPを立ちあげたい、といった要望に答えてサーバールームを管理したりしてました。まぁ楽でしょう。

 

例2

それから、社内向けのWEBシステムの開発、人事制度、福利厚生制度システムの開発をする業務。納期はいちおうあるにはあるけど伸びたら伸びたで問題なし。LAN内のシステムなのでセキュリティも考えなくてよくクラサバシステムとPHPでWEBシステムを作ってました。それを全社員が使えるように啓蒙、マニュアル、説明会の実施、社内制度等の変更にかかわるバージョンアップ等です。

 

例3

またシステム開発でも発注するという立場の場合もあります。ソフトウェアハウスを使ってシステム開発を依頼する側になるということです。要求仕様をつくって発注、開発されたシステムの受入を行います。こちらもとくに大変なことは無いでしょう。発注先の会社がどうしようもない駄目な会社だった場合に大変なことになりますが。

 

納期が無いので徹夜したり精神的にキツくなるようなこともありません。加えて社員の評価に関してもウチの会社は社内SEでたいした仕事をしていなくても評価されてボーナスもしっかりもらってましたね。直接的に売上を上げている開発のSEと比較して遜色ないぐらいの待遇でした。(一般的には社内SEは給料が安い、ということも言われていますが)

 

当然、開発SEの中には社内SEの人たちを「楽な仕事なのに忙しい忙しい言いながら定時で帰りしっかり給料をもらっている」と評価してる人も多かったです。ウチではどちらかというと客先に出せない人材や女性のSE、体力的にビハインドのある人材などが社内SEに抜擢されていたように思います。

 

社内SEのデメリットも考えよう

社内SEは前述のとおり会社によっては仕事が無い、あるいはたいした仕事じゃないという環境になります。そのため仕事をしていないことによる不安、将来的に自分にスキルが蓄積されないという不安があります。また他のSEから針のむしろにされるといったことも少なくないでしょう。

 

実際この仕事についた人材が将来に不安をもち異動で開発にうつったり、転職して開発に行ったり、という方もおおいのです。社内SEをめざしたいというかたはもっと将来の自分の目標、キャリアアップの道を見据えて行動するようにしたいところですね。

 

悩ましい方は人材紹介会社の転職エージェントにコンタクトをとってアドバイスを貰うのと、社内SEでいい求人が無いか探してもらう事をおすすめします。

 

社内SEの転職にもおすすめな、エージェントランキングの記事も参考にしてください。