社内SE 転職 求人募集

MENU

社内SEで転職、求人情報は少ないが

SEのなかでも社内SEをめざす転職者はかなりの数になります。一方で出ている求人数はそう多くないため激戦区の様相です。

 

社内SEはSEの仕事のなかでもわりと激務になりにくい、ある意味では「楽」と思われているからかもしれません。

 

実際に求人情報の例を見てみると以下のように給料はそう高いほうではありません。年収ベースで500〜750万円ぐらいが相場だと思います。

 

  • 有名外資系コンサルティングファーム 顧客内常駐型の社内SE 年収450〜750万円
  • 有名外資系コンサルティングファーム 社内SEプロジェクトリーダー 年収500〜1000万円
  • 非上場企業 社内SE 400〜500万円
  • 非上場企業 社内WEBアプリケーションエンジニア 400万円前後
  • 東証一部上場 社内SE インフラエンジニア 500〜700万円
  • 東証一部上場 自社ネットサービス 社内SE 500〜600万円

 

社内SEの仕事内容とは

社内SEとは自社内のシステム開発、インフラの整備、運用などを引き受ける仕事です。例えば次のような仕事がありますので、社内SEの仕事内容がわからないという方はイメージしてみてください。

 

  • 社内のパソコンをつなぐためのLANの構築を行ったり自社メールサーバーやセキュリティの設定を行ったり、インフラの整備・構築・運用のお仕事。自社の業務が円滑に行われるようにパソコンやネットワークの面で下支えする仕事。
  • 社内のWEBシステムの開発。ECサイトの構築や外部向けのホームページの立ち上げ、開発から保守、場合によってはユーザーサポートまでを行う仕事。
  • 自社内のシステム開発、業務改善システムの開発に携わったり。ソフト開発を受注するのではなく発注する側。ソフトハウスの選定、仕様書の策定と開発されたシステムの納品チェック、運用などを行う仕事。

 

社内SEのメリット・デメリット

社内SEになりたいといった場合にやはりメリットやデメリットがあります。一般的な開発SEと比較して次のような違いがありますのでチェックしてみてください。

 

まず、社内SEは直接的な売上を上げる部門ではないため評価されにくいケースが多いです。携わる仕事も「できて当然」であり、トラブルがあったらマイナス、といった評価を受ける事が多い世界です。

 

個人的に上司と目標をしっかり定めて評価してもらえるように計画していかないと一生懸命働いてるのに評価されない、、といったことになりやすいですね。

 

社内SEからみたお客さんは自社内のスタッフとなるので同じ会社の仲間なのにお客さん、という意識になるのも煩わしいかもしれません。社内では売上を上げて頑張ってる開発部隊がいる一方で、自分は社内SEという働き方になるので、引け目を感じている人もいるかもしれません。

 

そういう意味では仕事に対するモチベーションや向上心を維持するのが難しいのもデメリットといえます。

 

メリットは納期に追われる仕事が無いので激務になりにくい事があげられます。受託開発だとお客さんとの交渉や融通きき、スケジュール管理など精神が疲弊する仕事が多いですが、そういった仕事がないのは気持ち的に楽でしょう。開発畑で疲弊してうつ病や心療内科に通ってた人が体を休めるために一時的に社内SEになるといった方もいらっしゃいます。

 

社内SEとして転職したいといったときに気になるのが「志望動機」ではないでしょうか。開発のほうは攻めの姿勢が見えますが、それとは異なり、あえて自社で内にこもって運用や開発を行うのは高尚な目標やモチベーションがあるようには見えない事が多いので。志望動機はちゃんと考えないといけません。

 

トップページへ戻る

社内SEへ転職、求人募集の特徴とは、の記事一覧

社内SEの仕事は楽なのか?社内SEへ転職したいという方のなかには「楽だから」という方も少なくないと思います。では、実際社内SEの仕事は楽なのでしょうか?個人的に...