トレンドマイクロで働きたいSE

MENU

トレンドマイクロ企業情報のリサーチ

トレンドマイクロ(株)はインターネットセキュリティシステムやソフトウェア開発を行なうIT関連企業の一つです。

 

ウィルスバスターは日本国内でシェアの高いセキュリティソフトとして知られており、信頼と実績を積み重ねています。SEで知らない人はいない会社だと思います。

 

2013年度の企業情報は、資本金が183億円、売上高は938億円、従業員数619名の企業です。

 

トレンドマイクロ(株)はインターポールとの協力体制を確立し、インターネット上で発生するサイバー犯罪に対応するべく、ハイレベルなセキュリティソフトの提供だけでなく、脅威となる情報やプログラムの発見に向けたシステム開発も手掛けています。

 

トレンドマイクロ(株)はインターネットセキュリティシステムの強化を図るため、クラウドサービスを活用したソフトウェアの提供も行なっています。

 

近年急増するスマートフォン向けのセキュリティアプリの開発などにも力を注ぎ、社会的な脅威から個人や法人のプライバシーを守るための取り組みを行なっています。

 

技術力の高さにも定評があり、第三者機関による技術評価も常に高いスコアを出しています。優秀なエンジニアたちの努力が実ったと言える事例です。

 

 

中途採用の情報をチェックしよう

トレンドマイクロでは中途採用を積極的に行っているようです。

 

セキュリティソフトのクラウド化により、ネットワークエンジニアの必要性が高まっているため、ネットワークを常時監視して安全なネットワーク環境を提供するための人材確保に努めています。

 

また法人向けにはセキュリティ診断だけでなく、分析、提案、システム構築、運用などをトータルで手掛けるサポートサービスも提供しているため、ネットワークに強いエンジニアの採用の可能性が高いと言えます。

 

これまでインターネットセキュリティシステムの開発や運用に携わってきた方にとってスキルアップができるチャンスが得られるのも、トレンドマイクロ(株)の中途採用の魅力です。

 

トレンドマイクロの中途採用では、SEの採用も行なわれています。

 

ウイルスバスターを導入している法人や個人のサポートを提供する点で、システムエンジニアの役割は大きいと言えます。

 

例えば企業におけるセキュリティ対策を推進するために、SEは効果の高いシステム導入のための提案を行ないます。この分野のエンジニアがSEとよぶかセキュリティエンジニアと呼ぶか、というところはありますけど。

 

さらに業務中に発生するトラブルにもすぐに対応できるよう、テクニカルサポートなども手掛けます。ソフトウェアの仕組みを知り尽くしたエンジニアが、自分の技術をフルに活用できるのが、トレンドマイクロ(株)への転職と言えるでしょう。

 

 

トップページへ戻る