NTTデータへ転職・中途採用情報

MENU

NTTデータ

当サイトはSEのよりよい転職を応援するサイトですが、NTTデータへの転職、中途採用を目指す人は結構多いはずですよね。

 

ここではNTTデータの基本情報や、転職に必要な情報を載せてみたいと思います。

 

サイト管理人は以前グループ会社で勤めていましたがデータとはあまり関わりが無かったですかね〜

 

NTTデータの基本情報

 

世界最大の通信企業であるNTTグループの1社。

 

SI業界最大手(ユーザー系に分類されている)。
官公庁・自治体・公共・金融・法人向けシステムに強い。M&Aで海外展開も。

 

最も有名な知られているシステムとしてアメダス(気象庁の天気観測のシステム)がありますね。

 

【基本データ】


東証1部上場
売上:1兆3437億円(2014年3月期)
営業利益:625億円(2014年3月期)
従業員数:11,332人(単独)76,458人(連結)
平均年令:36.7歳
初任給:21万6260円
平均給与:798万円
勤務時間:9:00〜17:30
本社:江東区豊洲のデータセンタービル。

 

 

以前ビルに1度行ったことがあります^p^

 

 

事業範囲は多岐にわたる

 

公共・金融・法人向けに実に多くの事業を行っています。

 

クラウドサービス、ビッグデータ、エネルギー関連システム、EDI、ERP、GPS、WEB、Eラーニング、財務、ネットワーク、、、etc

 

1000以上もプロジェクトがあり、同僚やグループ会社とも連携して進めていく横の繋がりもあります。

 

転職組のSEがやり甲斐を持てるPJもきっと見つかるでしょう。技術キャリア思考の人も、マネージャー思考の人も受け皿となります。

 

NTTデータへの転職で必要な能力とは?

NTTデータだからこういった人材とか、体育会系な人材とか、そういう募集の仕方はしていません。

 

英語がしゃべれる人に限定してるわけでも無いです。友人がNTTデータに居ますが彼はTOEIC400ぐらいじゃないだろうか。。

 

 

どんな人材を必要としているか、どんなスキルを持っていれば採用の確度が上がるのかは、「その時募集している求人」内容によります。

 

求人欄に必要な人材、歓迎するスキル、過去のキャリアが細かく掲載されるので、そこをチェックします。

 

もし自分の今までのキャリアと合ってないように見えても、少しでも親和性があれば応募してみる積極性もあって良いと思いますよ。

 

書類選考で落ちるのは、キャリアのアンマッチが原因なので仕方がないでしょう。

 

自分のキャリアとリンクする中途採用の求人がたまたま出ていればOKですが、出ていなければ待つか、他の企業の求人もリサーチするのが普通ですね。

 

NTTデータの中途採用情報

 

SEでキャリアアップしたい方の多くは最大手のNTTデータを目指す方も多いことでしょう。
あるいは外資系企業から移ってNTTデータへ、という方も居るかもしれません。

 

NTT系列の福利厚生の充実さ、平均年収の高さ、働きやすい環境、いずれもホワイトといって間違いありません。

 

正確かどうかわかりませんが、「半官半民」企業ですので倒産する心配もありません。定年を迎えたときの退職金も期待できると思います。(公式サイトでも充実してますよ!ってアピールしてる・・)

 

 

NTTデータの中途採用情報は、こちらの公式サイトで閲覧できます。
http://www.nttdata-careers.com/

 

いまいまで募集を行っている職種も見られます。

 

応募するにはいくつか手段がありまして、転職情報サイト経由あるいは、公式サイトから直接応募となります。

 

 

流れとしては

 

応募→書類選考→面接(2,3回)→採用通知→待遇面の通知→確認して問題なければ入社

 

となるのが基本線です。

 

 

トップページへ戻る