NECの企業情報および中途採用情報

MENU

NEC

大手電機メーカーの一つに数えられるのがNECです。

 

エンジニアやプログラマーの中にはNECのPC98シリーズなどでパソコンに慣れ親しんだ経験を持つ人も多くいることでしょう。

 

DOS/V機が市場の大半を占めるようになると、かつて人気を博していたPC98シリーズが影をひそめるようになったものの、多くの企業や官公庁ではNEC製品が引き続き活用され、今でも根強い人気を保っています。

 

NECはワークステーションやサーバー、さらにはクラウド端末などのハードウェア開発がメインだと思われがちですが、システムインテグレーターとしての一面も有しており、エンジニアが活躍できる場が豊富に用意されています。

 

僕も以前SEをやっていたときにNECさんと協業したことがあります。印象としては「損して得取れ」という感じでした。大きな案件を受注するのに最初に持ち出しで受注して継続案件や保守で利益を出しているように見えましたね。いつも「赤字なんですよ〜」とは言ってましたけど、ウマイ営業手法ですよね。

 

NECの企業情報を抑えておこう

さて、NECは巨大家電メーカーとして今も強固な経営基盤を有しています。

 

2013年の企業データによると資本金は3972億円、売上高が連結で3兆7百億円を超え、営業利益は1146億円を超えています。従業員数は10万人を数え日本を代表するグローバル企業としての地位を確立していることが明らかになっています。

 

事業所は国内各地にあり、海外拠点も複数あるため、海外での活躍を希望するエンジニアにとって、自分自身の希望を叶えることができる良い機会とみなし、転職を目指す人が少なくありません。

 

NECは研究開発のための研究所を国内に複数箇所設置しており、次世代コンピューターの開発だけでなく、システム構築などのソフト面での研究開発も熱心に行なっています。
NECは官公庁に加えて、教育機関や医療機関、製造業や金融業など様々な企業のシステム開発にも携わっています。

 

システムの開発だけでなく管理や保守、運用までのすべてを手掛けるシステムインテグレーション事業にも力を入れており、これまで培ってきた技術面でのノウハウを事業に生かしています。中途採用を目指す場合、活躍できるフィールドが豊富に用意されていることがわかります。

 

NECの中途採用、転職情報

 

NECの中途採用に関する情報は企業のホームページで公開されています。

 

NEC関連企業での中途採用が豊富にあるため、希望に合わせてスキルアップを目指すために転職をすることが可能です。

 

SEやプログラマー、さらにはシステム開発を手掛ける各種プログラム言語に精通しているエンジニアを必要としています。

 

入社後にもエンジニアのスキルを向上させるための豊富な研修課程があり、魅力ある企業の一つと言えるでしょう。NECへの転職を目指すことで、可能性をさらに広げることが可能です。

 

トップページへ戻る