SEのキャリアパス

MENU

ITに積極的になれないSEのキャリアパスの悩み

SEのキャリアパスに悩んでる方は多いのではないでしょうか。

 

私自身、ずっとSEで良いのだろうかと悩んでいました。

 

そもそも

 

「IT技術を身につけ続けたいと思わない」
「新しい技術に対して興味がわかない」
「いつまで設計やPGやDBのスキルを勉強しなくてはいけないのか」

 

自己分析をしたときにこのような事が判明しました。

 

 

仕事だから生涯勉強の気持ちを持ってなきゃいけない事は理解してるのですが、本心は「楽したい」というのがあったのだと思います。

 

そしてSEとしてスキルアップすることが億劫でしょうがなかったんです。

 

だからSEのキャリアパスが描けなかった。

 

私がこのように感じたのは入社して3年目〜5年目の頃でした。

 

 

よくあるSEのキャリアパス

 

SEで下積み3年、リーダー格として5年〜10年、
係長、課長補佐、課長、部長・・・

 

マネージャ方向へのキャリアパスもあれば、技術のスペシャリストへのキャリアパスもありますよね。

 

一般的にはどちらかを選択していくか、兼務のような形で出世していきます。

 

私も、5年目を過ぎた頃から、新人や後輩、協力社員を数人まとめるPLとして、顧客調整や設計をする立場で仕事をするようになっていきました。

 

下積み時代の知識とスキルはそのままで新しい技術を身につけること無くどちらかと言えば「ヒューマンスキル」を伸ばして「まとめ役」になる道です。

 

会社側(上司)としても、まとめる人間が必要ですから私に対してそのようなポジションを期待していました。

 

これはよくあるキャリアパスだと思います。

 

IT技術が好きじゃない、興味持てない、新しい技術に触れたくないという後ろ向きな人間でも(笑)このようなキャリアパスが可能です。

 

もし現状に不安があっても自然とそのようになる可能性が高いでしょう。

 

技術力が無くても、ヒューマンスキルが無くてもどこかの「枠」には収まります。それが会社というモノです。

 

立場は悪い場合もあるでしょうけど。

 

 

キャリアパスに悩む若手のSEへ

 

私は以上のような理由からSEとしてのキャリアパスを描く事ができませんでした。

 

いつまでSEをやればいいんだろう、いつまでスキルアップしなきゃいけないのだろう、と思ってたのです。

 

 

私はそのあと営業職、販売職へ転職する事になるのですが。

 

それはSEとしてのジレンマから開放された瞬間でもありました。

 

 

転職エージェントに相談することで

 

「自分にはSE以外のこんな道があった」

 

「今の自分で、給料を下げずにこんな仕事があるじゃないか」

 

という事に気づかしてもらったことが大きいです。

 

 

 

今、SEのキャリアパスに悩んでる方、少し周りを見回してみる事をおすすめします。

 

大したこと無い自分のスキルだけど、他の業界では非常に必要としてくれる事があるんですよ。

 

そういう事に気づけるのも重要です。

 

 

視野を広くしてみてください。
相談者が居なければ、転職エージェントに相談してみてください。