SE求人 年収800万

MENU

SEで年収800万円は役職つけばいきますね

SEで係長クラスの役職がつけば800万円いきます。いまあなたの勤めている会社で上司に「年収いくら?」と聞いてみてください。もし800万いってないのであれば、あなた自身がいくら頑張って係長になっても800万円はもらえないということになります。

 

東証1部上場企業のケースなら、SEで年収800万円は35歳係長クラスで残業代を入れれば行くと思います。あとは上場規模や会社規模に準じて下がっていくと思います。

 

SEという職業だけで800万円いくにはやはり部下を持ってプロジェクトをマネジメントできるスキルが必要になってきます。プロジェクト全体で年商1億をあげれば、部下の労務費や間接費等を差し引いて会社に利益を残しても、自分の給料が800万円になるぐらいです。

 

なのでSEの求人を探していて年収800万ということはプロジェクトで年間売上1億ぐらいの規模なんだな、と思えばよいと思います。(自分がシステムの世界にいたころの5年前はそんな感じでした) 

 

一般的なSEだとこんなかんじだと思いますが、あるいはSE兼コンサルタントの求人だと年収800万円といった数字もザラに見かけると思います。

 

SE求人、年収800万円の人材とは

やはり普通のSEでは800万円はいただけないと思います。プロジェクトリーダーとしての仕事ができないといけませんから、お客さんとの交渉、提案営業、仕様書作成などの上流工程や、設計書、DB設計といったスキルも必要になります。

 

この頃から次第に管理職としてのスキルや知識、人間性も必要になってくると思います。SEの業界は非常に仕事が激務と言われています。メンバーのメンタルヘルスや、メンバーのスキルアップなども視野に入れて立ちまわるようなヒューマンスキルもあるといいです。

 

30代まで順調にキャリアを重ねてきた人材で開発、解析、コンサル、インフラ構築といったSEなら可能性があります。保守・運用でもPLなら800万いく可能性もある、といった感じです。

 

それから外資系企業ならもっと若くても能力次第で800万は余裕で可能です。外資系は年齢を見ないので実績だけ評価してくれますよ。私の友人は25歳で有名外資コンサル企業に入ってERPをやってました。1年目は年棒500万でしたけど、3年目は800万超えてましたね。

 

トップページへ戻る