40代 SE転職

MENU

40代のシステムエンジニア転職についてのアレコレ

SEの職場を見回すと20代の若手、30代の中堅SE、PLが多く、40代のSEはほとんど見かけない、、といった職場が多いと思います。

 

また、SEは体力勝負なところがあるため30代までで40代になってくると厳しいなどとも言われる世界でもあります。

 

もともと時給3500円、月収60〜80万で働いてたSEも40代になると転職が難しくなり、条件を下げに下げて転職していく姿をよく見かけますが、それはしかたがないことなのでしょうか。40代でシステムエンジニアとして転職することはできるのでしょうか、できるとすればどうやって?またどんな人材が必要とされているのか見ていきましょう。

 

 

40代SEの中途採用条件に見られる人物像

40代向けのSEの中途採用の求人を見つけるのは難しいかもしれません。実際日本の会社だと転職採用は20代、30代が多いので、よほど技術力があるSEでなければ厳しいようです。

 

40代ともなればPL、PM、管理職での採用の枠を狙うのが現実的といえます。若手のSE、PGの部下をコントロールでき、プロジェクトの管理、収支管理、顧客との折衝、交渉、提案営業などができ、会社の利益に直結する管理職を狙っていきましょう。

 

40代で若手にまじって開発を頑張ったり徹夜で仕事をしたり、という人もいるには居ましたけど、やはり若手のほうがパフォーマンスが上ですので会社側としても月収50万以上を払うからにはメンバーをまとめられるリーダーシップや、管理能力を期待して採用するケースが多いのです。

 

外資系企業という選択肢

日本の会社だけでなく、外資系企業にも目を向けても良いかもしれません。外資系は年齢、性別による区別をしません。単純に「何ができるか」「どんなキャリアを持っているか」が問われる世界だからです。

 

英語力があるなら(最低TOEIC600以上)外資系を狙っていくのも選択肢の1つといえます。日本で仕事をする以上は日本語で仕事をしますが本社や外国人上司とのやり取り等は英語になるからです。

 

40代SEが転職するならどういった業界がよいか

SE40代限界説?などがささやかれますが、SEをもうやりたくない、体力的に無理、といった場合、どういった業界への転職が可能性があるでしょうか。

 

さすがにどの業界でも40代の転職組の採用は厳しいのは確かなんですけど、元SEということでパソコンのスキルはあるわけですから、可能性はあります。パソコンスキルを保有した人材を採用したい企業への転職に活路を見出すことができます。

 

たとえばIT専門学校の講師、パソコン教室、故障対応の会社など、他には小売業は今やネットショップをオープンしたり、楽天やYahooなどに出店しています。そういったサイトの更新、新規立ち上げなどは事務員のオネーチャンではできない仕事なので、SEとしての給料よりは下がってしまうかもしれませんが、需要があります。他にも不動産屋や、中古車屋、中小企業の自社サイトやIT部門などの求人情報もチェックしていきましょう。

 

転職しない選択肢を持つ
40代で転職したい理由はわかりませんが、現実的に厳しいということもありますのでその場合は「転職しない」という選択肢も持ちましょう。例えば開発畑で体力的・精神的にキツイということであれば部署異動でもいいじゃないですか。正直言って人事や経理や社内SEやインフラや運用保守なら開発と比較して残業がそう多くないので体力的に楽ですよね。

 

それから「今」がしんどい、ということなら1週間有給とって休むなど自己コントロールすることも大事です。家族がいて40代で転職に失敗した、となれば社会復帰も難しくなってしまうので慎重に行動したほうが良いと思いますよ。

 

トップページへ戻る