30代 SE転職

MENU

30代のシステムエンジニア転職についてのアレコレ

30代になってくると将来を見据えてSEとしての限界を感じて異業種への転職を考える人も増えてきます。またSEとしてのキャリアアップ(これまでの経歴を買ってくれて年収大幅UP)も可能となってくる時期ですので、転職は大いに可能性が見いだせるタイミングだと思います。

 

自分自信は30歳になる年にSEから全く別の業界に転職してしまいましたけど、異業種への転職も可能性がありますから前向きに活動していきましょう!

 

30代のSE転職の求人で求められること

30代ともなれば会社のなかでは中堅で、役職付きの人が多いと思います。システムの世界では若手が多いので30代で部長職といった人もみかけますからね。

 

そんな30代でのSE転職はやはり20代で培ってきた技術力やプロジェクト管理力などが問われてきます。ひと通り上流工程から下流工程までこなし、小規模プロジェクトなら最初から最後まで完遂できるPLとしての能力は普通に備わってるはずです。

 

また40代で管理職になる前段階ですので、人間的な成長、金まわりの管理、人材の管理も身につけていかないといけません。30代のSEに求められるのはこういったスキルや人的能力になってきます。

 

実際に求人情報を見ていくと20代と変わらない求人が多く見られますが、過去に携わってきたプロジェクトや解決してきた課題などをアピールしていく形になります。30代で転職ということになると、40代や50代のことも考えての転職でしょうから、何故今の年齢で転職なのか、は必ず聞かれると思いますよ。

 

転職エージェントを活用して求人情報を仕入れたり、対策を行っていけばよほどスキルが低く無い限り自分が希望する転職は出来ると思います。

 

30代SEが異業種へチャレンジすることも

SEとしての限界を感じ、早々とSEをリタイヤして別の業種へチャレンジ転職したいという方も多くなるのが30代だと思います。かくいう僕も30代で異業種へ転職した経歴があるからです。

 

ただ20代ならまったくの未経験でも営業職などに転職することは可能だったかもしれませんが、30代となると営業でも難しくなってくるようです。そうなるとやはりSEとしての経歴を活かした業界・職種への転職となるので、その業界で探していきましょう。

 

SEから異業種へ転職の記事もご覧ください≫

 

トップページへ戻る