20代SE転職

MENU

20代のシステムエンジニア転職についてのアレコレ

20代のSEなら転職はできます。需要も増えているので分野を飛び越えてのSE転職も可能です。また異業種からSEへの転職も可能です。

 

しかしTOPページでも色々書いてますけどSEという仕事は30代、40代が限界と言われている世界なので、いま転職するとしても将来を見越した転職をするべきだと思います。

 

40代で転職したい、という方のご意見を聞くとほとんどが「精神的・体力的にツライ」という声です。20代で就職して十数年のSE業で精も根も尽き果ててしまったということのようです。すでに徹夜や月100時間の残業などを経験したり、突発的なトラブルや納期間近の対応で疲れてしまった方が多いと思います。

 

20代や30代ならOKかもしれませんが、それを40代、50代で続けるの?というと疑問です。なので20代のSE転職とはいえ40代以降のことも考えたほうがよいのです。

 

20代のSE転職はロードマップを考えて

すでに自覚されてると思いますが、やはりロードマップを考えて転職しないと、ですよね!

 

僕の場合はなにをとちくるったのかSE→販売→営業→無職→起業というルートをたどりました。もともと独立したいという気持ちが強かったので夢をおいかけたらそうなっちゃいました、という感じです。あんまりオススメできないルートです。

 

SEとして会社で40代以降やっていくのは体力的に厳しいので、管理職やPLになっていくのが一般的です。部下をもち係長、課長、と出世していくかたちです。SEとしての業務というよりはプロジェクト全体を見ることになるし、お金周りの管理もしなきゃなので面白い仕事ですよ。人によっては部長→役員まで出世していくケースもあるでしょう。

 

それと同時に考えなきゃいけないのが結婚や子供や住居のこと、そして親のことです。転職を考える前にこれらの人生イベントを先に考えたほうがうまくいくと思います。

 

20代のSE転職の求人で求められること

20代とはいえ中途採用だとやはり即戦力のほうが望まれています。なのでコレまで数年間のキャリアで培った技術をそのまま活かせる仕事だと採用の角度がグッとあがります。

 

また、今だとソーシャル系の求人や、スマホ系の求人、クラウドサービス、などで求人が多く見られますが、それ以外もリーマンショック直後とくらべて求人の絶対数が増えているので自分が希望する業界への転職も可能性が高い時期といえますね。

 

年収はこの頃からもさまざまで400万前後〜800万まで見つかります。コンサル系や外資系などでは1000万円まで見えてきます。

 

20代はまだ学びの時期ですので明るさ採用、熱意採用、ポテンシャル採用なども見られますので積極的に自分をアピールしていくといいと思います。面接に不安があるかたは転職エージェントを活用してロールプレイをするなどしてもいいですね。

 

トップページへ戻る