システムエンジニア 海外転職

MENU

システムエンジニアが海外転職、その背景とは

近年、海外で働きたい日本人ビジネスマンが増えています。

 

これまで海外が関係する職種といえば、製造業、商社マン、流通・物流、金融、翻訳通訳、観光業、日本食料理、サービス業が多かったのですが最近はシステムエンジニアの求人がかなり増えてきています。

 

この背景には海外進出する日系企業の増加とそれにともなったインフラの整備、基幹システムの導入、WEBの立ち上げが関係しているからです。

 

またSEはどこの業界、どこの会社でもそこにITの技術が必要であれば必要な職種であるため業界を選ばず入って行くことができるのがメリットとなっており需要が増えているのです。

 

SEが海外転職するには?

SEが海外転職するときに気になるポイントをまとめていますので以下ご覧ください。

 

現地採用と駐在員の違い

この2つの働き方、採用のされ方の違いはもしかしたら知らない人もいるかもしれないので説明しておきます。

 

現地採用

海外のその国にある会社に採用されることです。地場企業や、外資系企業に雇われることや、現地にある日系企業に雇われることもこれに含まれます。

 

住居を始め通勤や食生活に関する全てのことが自己責任のかわりに自由で、長くその国で働きたい人が選択する働き方です。給料は現地スタッフよりは多いものの駐在員よりはかなり少ないです。

 

駐在員

日本国内で雇われて、海外駐在員として派遣されていく働き方です。日本本社の指示をもとにその国で働きます。

 

現地スタッフより圧倒的に待遇がよく安全なマンションでの生活です。給料や手当も多いです。デメリットは会社指示なので数年の勤務の後に帰国したり、また他の国に赴任させられます。

 

転職活動の方法

駐在員も現地採用の求人を探すのも日本国内で情報収集が可能ですが、駐在員をめざす場合は国内で転職活動をします。現地採用は海外で転職活動をします。面接のときになれば2週間ほど海外にホテル滞在して何社か面接をたてつづけに受けるケースがほとんどです。

 

STEP1. 海外求人情報を収集する
STEP2. エントリー、書類審査、面接
STEP3. 入社

 

といった流れです。目指したい国が決まってる場合もそうでない場合も、求人情報欄を見れば「どこどこの国での勤務者募集!」などのような記載がみつかるはずです。

 

求人情報を探すには

求人情報を探すにはおめあての会社のホームページの中途採用情報をチェックしつづけたり、転職サイトで検索したり、無料の海外転職エージェントを使ってコーディネートしてもらったり、あるいは海外のサイトや新聞などに目を通しても見つかる可能性があります。

 

おすすめの海外転職エージェントはリクルートエージェント(駐在員のみ)JAC Recruitment(アジア現地/駐在員)のダブル登録がおすすめです。

 

日本人向けの求人が多いのは日系企業

日本人向けの求人数を見ていくと90%が日系企業、のこりの10%が現地企業や海外の企業となっています。海外とはいえ日系企業内でシステムの仕事をするとなれば日本語でのコミュニケーションがメインとなってくるし、お客さんの会社も日系企業多めなので日本人が必要とされる、というわけです。

 

技術のスペシャリストとしての求人なら外資系も

もしSEとして技術力が高いのであれば外資系企業からもオファーが来る可能性があります。この場合はビジネス会話が普通にできる英語力が必要になるのは当然です。1000万円プレイヤーなどもこの世界にゴロゴロしています。給料は青天井で実力次第でさらなるキャリアアップが可能です。

 

SEが海外で働くのに必要な語学力、キャリア

先に書いたとおり日系企業内でのSEとしてはそれほど英語力が必要とされない場合のほうが多いです。求人情報をチェックしてTOEIC◯◯点以上、といった記載があればそれが条件になります。

 

また海外転職の際の条件ですが即戦力が求められるのは当然で、過去2年以上の勤務経験、同一職種でのキャリア、大学での専攻などが見られる場合が多いです。

 

外国で働くとなるとその国の就労ビザを取得しなければならず、そのための条件も満たさないといけないのです。ビザの条件は上記のような条件(過去のキャリア、大卒等)がだいたいどこの国でも見られますが、「日本人でなければ勤まらない仕事」であればビザが出やすいのはどの国も共通しています。

 

 

システムエンジニアの海外転職、の記事一覧