SEへの転職 有利な資格

MENU

未経験からSEへ転職で、資格はどう影響するか

SEと資格に関してはあまり書く事が無いんですけど、持ってて意味がある資格というのでは「情報処理技術者」が最低ラインです。「システムアドミニストレーター」は持ってても意味がほとんどないと思います。

 

情報処理技術者てデキのいい高校生や、大学生でも取れる資格ですし、その上の「ソフトウェア開発技術者」の資格も実務経験無しの大学生でも取れちゃう人がいるぐらいですから。

 

「ソフトウェア開発技術者」の資格を持ってれば、これは転職、就職に大いに意味があると思います。ただ合格するのは難しいと思いますけどね。

 

なのでSEへの転職で資格を気にしてる方、これこれの資格を取ったらSEへ転職するんだ、と考えてる方はひとつの目安にしてみてください。それよりも未経験OKの分野のシステムエンジニア求人を探して転職活動したほうが早いと思いますけどね。

 

それから英語力としてTOEIC600点以上あれば、これも意味が出てくると思います。SEの世界ってたまに海外の最新の資料とかを取り寄せてそれを訳してシステムに落としていくケースもあるので、英文の読みができるととてもいいと思います。それから外資系のITコンサル会社への転職ならなおさらTOEICの点数はメリットがあると思いますよ。

 

トップページへ戻る