システムエンジニア 転職先

MENU

システムエンジニアの転職先の候補とは

システムエンジニアから異業種へ、または他業界へ転職する方は意外と多いです。かく言うわたしも別業種、別業界に転職した経歴があります。

 

では、システムエンジニアの転職先として、これまでのキャリアを活用できて、転職しやすいのはどういった業界でしょう。

 

個人的には熱意とやる気だと思う

話をひっくり返すようで申し訳ないのですが、前提としてSEで数年の経歴があれば、また30代前半の若手で熱意がある人ならどういった業界でも職種でもなれると思います。

 

もし、新しい業種にチャレンジしたいと思っていて、まだふんぎりが着けられないといった方なら、その言葉を信じてどんどんチャレンジしてみてほしいと思います。

 

さて、話を戻してシステムエンジニアの転職先ですが、転職しやすいということは相手企業から求められる人材でなければいけない、ということはお察しのとおりです。そうすると今までのSEのスキルを活用できる業界が可能性が高いと言えます。

 

(復興とオリンピック需要で未経験採用求人も増加してるんですけどね)

 

システムエンジニアの転職先、業界のこと

SEで転職しやすい業界は次のようなものが挙げられます。

  • 汎用系、オープン系、WEB系、制御系の間での転職ではあるていど親和性があるので転職しやすいです。
  • ITコンサルタントは今までのSEのスキルと知識を活用して活躍できる業界です。
  • 商社は中途採用に力を入れており営業マンだけでなくITに強みのある人材の登用も行っています。
  • PCスキルを活かして営業事務の仕事ではかなり重宝されるでしょう。
  • 金融業界でもITエンジニアの中途採用を行っており、また給料も高くおすすめです。
  • PCを使った教育関係は人と接する事やしゃべりが好きならおすすめです。

 

他にもありますがこのへんで。

 

システムエンジニアから他の職種へチャレンジできるか

私自身、まったく異なる販売、営業の仕事に転職し、のびのびと仕事をしていました。

 

1日じゅう居室でPCと向き合って仕事をするのもいいですけど、外で働くのも楽しいです。数字があがれば業績になり目に見えてわかりやすいのもメリットだと思います。

 

さて、SEから全く別の職種へ転職するといっても、資格や経歴が無ければ採用してくれないことがほとんどです。

 

資格・経歴なしでOKなのは?
20代で元気がある若者で大卒なら、営業マン、販売員をめざすなら、キャリアゼロでも可能性があります。

 

この場合イチからキャリアをリセットしてしまう事になるので、中途採用者への教育にも力を入れている企業や、体力のある大企業への転職がおすすめです。

 

ただし年齢が上がれば上がるほど過去の経歴や同じ職種での勤務経験が問われるようになるので、30代になってくると求人を見つけるのが難しくなってきます。

 

業界・職種が決まっていない場合は転職エージェントと相談して、マッチングしてもらうことをおすすめします。

 

人材紹介会社まとめの記事