システムエンジニアから営業へ転職

MENU

システムエンジニアから営業へ転職できるのか

 

答え → できます!

 

僕自身SEから30歳で転職して営業を2年間やってましたから。その後は震災の影響で仕事を失ってしまったわけですが。。

 

なのでいまSEをやっていて、これから営業職へ転職できるか、どうか迷ってる人がいるとしたら大丈夫だよ、と背中を押したいと思います。営業の世界ははっきりいって元気と若さがあればOKです。

 

もちろん元気と若さで採用してもらったらそれでOKってわけじゃなくてしっかり学習して、営業スキルを学んで結果を出していかないといけませんが。自分で数字を上げてそれが評価される営業という世界はとても魅力がありますし楽しいと思いますよ。

 

僕はもともとコミュニケーションに難ありで人と接するのはニガテだったんですが、そんな僕でも飛び込み営業がやれたんですから絶対に大丈夫だと思いますよ。

 

SEから営業への転職、どんな業界が可能性がある?

営業への転職は可能性がある、ということがわかったところで、ではどんな業界へ?となると思います。そこで元SEにおすすめなのはやはりIT機器の販売、提案営業、カスタマーサポート、ルートセールスなどが親和性があります。

 

採用の確率もあがるし、仕事への適応も早いと思います。そうなると商社、メーカーでの営業職をめざすのがいいと思いますよ。それからITスキルを用いての提案営業、コンサルティングも可能性がありますね。

 

求人情報を探して興味が有るところにエントリーしてみましょう。迷ってる方は転職エージェントと相談して自分にお勧めの業界や企業を提案してもらえればOKです。

 

 

トップページへ戻る

 

営業で大切なことって?

営業の仕事とはいえ2年しかやっていないので大したことは言えませんが、それでも、今SEでこれから営業マンをめざす人には半歩だけ先をいったのでアドバイスできることもあるかなと思いました。

 

営業で大切なのはもちろん元気、というのはありますけど、それよりもメンタルの強さが大切、それからお客さんの声に耳を傾けること、「聞く」じゃなくて「聴く」ことが大切だと思います。それから数字を上げるには「数をこなす」こと、これが何より大事。トークや接客スキルはどうせ低いので、数でカバーするしかないです。他の営業マンとくらべて新人営業マンができることといったら、数を増やすことだけですからね!