ソフトウェア開発技術者の転職

MENU

ソフトウェア開発技術者の転職

ソフトウェア開発技術者というのは国家資格です。(旧第一種情報処理技術者)

 

現在の情報処理技術者の上位版の資格ですが、勉強した人なら大学生でも取得している人がいますし、SEで勤務経験5年もあればふつうに取得できる資格です。

 

ソフトウェア開発技術者の資格をもって転職に有利かどうかという話がよくありますが年齢によって異なってきます。20代後半から30代でこの資格をもってても転職になんら有利になることはないと思います。

 

その年齢での転職ならこれまでやってきた業務内容のほうが採用側は気になります。どれぐらいの規模のプロジェクトでメンバー何人を管理したりリードしてきたか、PL/PMとしての素質のほうが見られるのが現状です。

 

ただし20代前半ならソフトウェア開発技術者をもって転職するというのはメリットになると思います。やる気を見られるし将来の可能性で採用される場合もあるからです。