分野別システムエンジニアの転職

MENU

SEの仕事は多岐にわたる

「システムエンジニア」で転職サイト内の求人を検索してもその多くの業務内容は千差万別です。

 

単純にシステムエンジニアといえば、システムやソフトウェアの開発、上流工程に携わるパソコンを使って開発を行う人、といったイメージだと思います。しかし求人情報に書かれている「必要な人材像」の欄や、「業務内容」の欄は見てもパッとイメージできるものではありません。

 

求人情報に書かれている内容を把握したつもりでも、応募・面接のときにどういった仕事なのかをしっかり確認されたほうがいいのがSEの世界だと思います。

 

個人的にSEの仕事とは・・・

SEの仕事はパソコンをつかった何でも屋などとよくわいれますよね。なので社内SE、受託開発のSE、パッケージソフトのSE、SAP ERPソリューションエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニアも大枠ではSEの中だと思います。それから提案営業や、システムの運用や保守、はてはユーザーサポートもSEの中に含まれる場合もあります。

 

自分自身、SEの仕事は何でも屋だと思っています。それこそルートセールスで御用聞きをして、提案営業、契約締結、要件定義、設計書作成、DB設計、プログラマの選定、スケジュール管理、デバッグ、試験、納品、マニュアル作成、請求書発行、集金など全部やってきました。

 

ぜんぶのマネジメントをするのがSEだと思います。必要に応じて自分にできない範囲があればそこをアウトソーシングすることもあります。全部自分の判断でプロジェクトをプロデュースし(組み立て)ていきます。自分がリーダーではなく1メンバーであったら、リーダーを補佐する側にまわりますし、そこはうまく立ち回ります。

 

 

 

 

以下、さまざまなSEのなかの分野についてのメニューです

分野別システムエンジニアの転職、の記事一覧

パッケージソフトウェア開発の仕事内容とはSEの仕事のなかでパッケージソフトウェア開発や受託開発といった言葉が見られると思います。会社によってはパッケージ開発専門...

ソフトウェア開発技術者の転職ソフトウェア開発技術者というのは国家資格です。(旧第一種情報処理技術者)現在の情報処理技術者の上位版の資格ですが、勉強した人なら大学...