ワークポート インタビュー

MENU

ワークポートのIT系担当のコンサルタントに突撃インタビュー!本音で語ってもらいました

今日はIT系の転職サービスで有名な、ワークポートさんにお邪魔させていただき、転職希望者の支援を担当されている方にインタビューさせていただきました。

 

ワークポートは2003年からスタートした人材紹介会社であり、10年以上にわたって特にSE、PGに強みを持って転職の支援をしてきた会社です。近年では総合転職エージェントとして幅広い業界、職種で転職支援サービスを展開しています。

 

東京の本社は山手線の大崎駅にあります。最近できたビルで清潔感と重厚感のあるフロアに入居しています。

 

 

今日、お話をお伺いしたのは志太さんと、川勝さんです。お二人とも元々SEをされていて転職してワークポートに入社した経歴のコンサルタントとのこと!(ワークポートでは転職サポートをするコンサルタントを転職コンシェルジュと呼んでいます)

 

笑顔が素敵なお二人です。お話してみるとその優しさがにじみ出ちゃってます!

 

てことで、こちらから根掘り葉掘りの質問をぶつけてみましたので、いってみましょーー!!

 

 

 

SEにとってのワークポートの強み、メリットについて

 

SEがワークポート様を活用するメリットや、強みについて教えて下さい。

 

 

はい。もともと2003年からIT系の転職に特化して10年以上のノウハウがあるのが1番の強みだと思っています。

 

また、eコンシェルという転職希望者様が使える専用のツールがありまして、非公開求人を自分で検索できたり、鮮度の高い情報を提供したり、サポートするのも強みですね。

 

あとは大中小それぞれの企業様との取引が長いので、出会いのきっかけとなる求人の多さも強みだと思っています。

 

 

SEやPGが利用する上で、そのジャンルの求人が多いということ?

 

 

はい。SE、PGの方であればSIやWEB、メディア、ソーシャルゲームでなどジャンルは様々で、希望の業界に答えられるような求人数はあります。

 

 

なるほどですね。基本的には転職したい人が希望を先に出して、それにもとづいてワークポートさんで求人を探してくるという形でしょうか?

 

そうですね。希望じゃない求人を出しても皆さんの目的に合いません。転職の目的や、今までの経験をお伺いさせて頂いた上で、めざしたい目的・ゴールに合ってる求人をご紹介します。

 

場合によっては希望通りの求人が無い事もありますが、その時はそれをお伝えした上でどうしたらいいのか、というのをアドバイスしていくという流れになります。

 

 

採用企業を呼んでの説明会や面接イベントについて

 

採用企業が直接ワークポート様に訪れてセミナーや1次面接などを実施されていると思います。こちらについて詳しく教えて下さい。

 

はい。
お取引中の企業様に合同でお集まりいただき、転職希望者様が一度に複数の企業様とお会いできるというイベントです。企業の人事担当者様から会社説明を直接聞けるだけでなく、そのまま面接にも参加いただけます。

 

 

どのような流れで、そのイベントに参加できるのでしょうか。

 

 

ワークポートに登録いただいた方で、転職コンシェルジュから是非是非、参加してみてはどうでしょうかとお声がけさせていただいています。

 

 

なるほど。確かに他では見ないような取り組みだなぁと思いました。一般的には履歴書、経歴書をつくって書類がとおったら面接という流れだと思うのですが、この場合は、書類が必要ないのでしょうか?

 

 

合同の説明会、1次面接については基本的には書類選考があります。企業様から条件を頂いているので、その条件に合致した方であれば是非という風になります。

 

特徴としては通常の書類選考よりは条件を下げて頂いています。

 

企業様はたくさんの方にお会いしたいというニーズがありますし、転職希望者様もたくさんの企業様を見たいという両者の思惑が一致したとき、実りある結果になるというところですかね。

 

 

 

非公開求人を検索できるツールについて

 

先ほど話に出た、非公開求人を検索できるeコンシェルというツールについて詳しく教えて下さい。また、どのようなSEの求人がありますか?

 

 

eコンシェルはワークポートの転職支援サービスをご利用されている皆さまに発行しているマイページです。転職コンシェルジュとのやりとりや応募求人の管理に使用するのですが、機能のひとつに非公開求人を自分で探せるというものがあるんです。

 

求人を探す機会を皆様にも増やしてもらえて、どんどんチャンスを作ってもらえるようにオープンにしています。これは他の人材紹介会社ではあまりやってないことだと思います。

 

そうしないと転職コンシェルジュによって紹介される量は変わってくると思うんですよね。つまりは皆さんからすると出会う機会が転職コンシェルジュによって決まるということですから、機会損失は防ぎたいので、ツールでもチャンスを広げてもらえればと考えています。

 

非公開求人のなかでSEの求人は、、、もう色んな企業様、有名企業様から中小までいくらでもございます。

 

eコンシェルは確かに転職希望者にとって大きなメリットですね。他社の人材紹介会社では見たことがありません。転職したい人は転職コンシェルジュとeコンシェルとどのように使っていくのがよいのでしょうか?

 

 

そうですね。基本線では転職コンシェルジュが希望にあう求人を紹介していきますので、eコンシェルは余った時間のなかでご自身でも見つけるような、プラスαで使って頂くのが良いと思います。

 

そうしないと自分でネット上からで動いているのと全く同じになってしまい、人材紹介会社を使うメリットがあまり無くなってしまいます。

 

 

 

SEの転職状況について

 

では、SEの方が気になる、転職事情・業界動向について教えてください。

 

 

そうですね。やっぱりリーマン・ショックのときは求人数が激減して、今はもう6、7年たったと思うんですけど、回復傾向にありますし、それ以上に盛り上がって来たように感じています。

 

その要因として色々あると思うんですけども、2020年の東京オリンピックが決まって、IT業界の需要が高まってきたというのもありますし、単純にSIerの案件が増えてさらなる人員増をかけるための採用活動が活発になってきている印象はありますね。

 

その裏付けとしては企業様からの希望条件がちょっと下がったりという傾向があります。育てる側の人材が揃ってきたために経験が浅い方を採用して教育していくパワーがついてきたりしてるので、そういう枠の採用もあります。

 

一方で、勿論ハードルが高い経験バッチリ持っていて他社で培われてきた経験をウチで是非活かして欲しい、みたいな求人もあります。

 

 

いわゆる、未経験なんですけど、ちょっとWEB業界に入りたい、みたいなそういう人もいらっしゃいますか。

 

 

勿論お見えになりますね。

 

 

受け口となる求人はあるのでしょうか。未経験だけど採用して育てよう、みたいな企業など。

 

 

あります。勿論、何もやってませんという方は難しいけど、ご自宅で言語勉強してますよ、とか、エンジニアになる夢は捨てられなくて、とか、熱意みたいなのは書類からでは人事に読み取ってもらえなかったりするので、そこを私達がフォローしますね。

 

「この方熱意ありますよ」、「この方自宅でやってますよ」、「こういう自己研鑚されてる方なので人柄だとかも含めてご選考いただけませんか」、みたいなところで突破口を開く役目ですし、実際そこから内定を頂いてご入社というケースもあります。

 

 

面接する前段階で、ワークポートさんから採用企業の人事の方にちょっとプッシュが入るというようなイメージ?

 

 

まったくそのとおりです。書類だけだとアピールできる量を見るのは限られているし、自己PRが自分からだと難しいので、プラスアルファで第三者的な私達がお会いして、熱意感じました、というようなところを人事担当者に訴えかけるという推薦もします。

 

 

 

それはとてもありがたいですね。採用企業側もけっこう熱意とか見てくれるものなのでしょうか?

 

 

人物面重視というのは感じていますね。書類選考・1次面接で、スキルは問題なしで人物面も良ければ是非、来てほしいとなるでしょう。

 

逆にスキルはあるけども意欲的な部分でもう少し足りなかった、就業意欲がちょっと感じられなかったのでお見送りということもあります。

 

採用企業様からフィードバックが返ってくればまた次の面接に活かせるように、転職コンシェルジュからアドバイスさせて頂いています。

 

 

他のSEさん、どんな理由で転職してるのでしょう

 

SEの転職理由としてどんなことをおっしゃる方が多いですか、やっぱり残業が少ない会社へ転職したい、という方が多いのでしょうか(笑)

 

 

ユーザー側に近いところで仕事をしたい、という方は多いですよ。

 

対法人だとシステムを作って、どのように活かされているのかわかりにくいですよね。WEB系だとユーザーからダイレクトに反応が来ますから、自分が作ったものが反応がある方が楽しいというご意見ですね。

 

ですので今はWEB系へ転職したい方が増えています。これ俺が作ったんだよねって言えるほうがいいじゃないですか(笑)

 

BtoBか、BtoCというのは大きなポイントで、BtoCで作れるというのは大きな魅力ですね。

 

 

 

他に転職理由なにかありますか?

 

 

転職理由はひとそれぞれですね。1つだけではなくて複合的な理由で転職される方がほとんどです。スキルアップ、年収アップ、大手に行きたい、残業少ないところ、なんでもあります。SIだと常駐ではなく自社開発がいい、というのはSEならではの転職理由でしょう。

 

 

年齢層、性別などのデータについて

 

 

ワークポートさんに登録されているかたの年齢層や性別など公開できる範囲で教えて頂けますか。

 

 

先月ご来社されたSEのデータは次のようになっていました。

 

年齢 10代:0%、20代:34%、30代:55.3%、40代:10%、50代:0
性別 男性:82.9%、女性:17.1%

 

 

30代が一番多いんですね、ビックリです。
SEといえば激務、体力的な限界で30代で転職をする人もいるとおもいます。そこで残業少なめ、福利厚生がいい会社の探し方のコツがあればお願いします

 

 

そういった残業少なめの特徴の企業様をご紹介させていただくケースは勿論ございます。

 

また「ワーク・ライフ・バランス」をうたってなくても面接に足を運んでみると実際には「バランスを取りながらお仕事をされてる方多いですよ」という人事の方からの話を聞いて、その企業様への志望意欲が上がるということもあります。

 

ですので、まずは色々とお話を聞いてみましょうよ、というところからスタートしていますね。

 

一方で、ワークポートの転職コンシェルジュには企業様側の営業担当もいるので「ここの会社は忙しいらしい」という情報もそこから入ってきています。

 

また、すでにワークポートを通して入社した方から後日連絡をいただくケースもあります。そこで情報を蓄積してますので、残業少なめの企業様をご紹介させていただく事ができるようになっています。

 

 

入社後に連絡を頂いたり、ということは、入社後にフォローをされることもあるんですか??

 

 

入社後のフォローとしては「その後いかがですか」とお話をお伺いする体制は整っています。入社後は採用企業様と転職者様の関係性を考えると直接的にワークポートが介入することは得策ではないのが実情です。

 

ただ、1度いただいたご縁ですので、何かつらいことがあったとき、自分のキャリアに悩んだときに気軽にご相談していただけることが理想だと思っています。

 

久しぶりに連絡をいただいて、転職市場の話をすることもあります。いまは動かないべきなのか、求人が多いので動いてみたらどうでしょうかというアドバイスもできますしね。

 

 

転職が成功する人の特徴とは?

 

転職が成功しやすい人はどんな人でしょうか?

 

 

そうですね、スタートダッシュとして幅広く、柔軟に動こうとしてる人のほうが決まりやすい傾向があります。

 

逆に、自分のなかでカチッときまっていて、「これをやりたくてこの会社に行きたい」という人はうまくいかない事が多いですね。

 

その会社への転職が崩れた時に一気にモチベーションも下がってしまいますので。そうすると現職もつまらないみたいになっちゃったら、現職も転職もうまくいかなくなります。

 

 

幅広く、柔軟に動く、というとどれぐらいの求人を紹介してもらえるのでしょうか。

 

 

 

いまSEは紹介できる数が非常に多いです。

 

年齢、スキルにもよるけどSEは30、40社応募できる求人があるので幅広い可能性のなかから自分の転職先を探して行きたいという方は決まりやすいですね。

 

 

この会社に行きたい、とか、明確な目標があって転職するひとが多いわけではないんですね。ぼんやりとした状態でワークポートさんのところにいらっしゃるという方が多い?

 

 

そういう方多いですし、逆に明確にしてあげるのが私達だと思います。

 

 

 

転職迷ってたりする方にとって、転職サービスに登録するのって勇気がいるような気がしますね。

 

 

行ったら何かしら応募して動いちゃったら最後まで行かなきゃいけない、みたいなイメージあると思うんですけど、全くそんなことないですよ。

 

僕もそうだったんですけど、「今の仕事は嫌だけど特にやりたいことは決まってません」という、モヤっと働いてる方多いと思います。

 

少しぼんやり仕事している人たちこそまずは動いてみることをおすすめします。一度動いてみても何もか見つからないな、というケースもあると思うんですよ。であれば現職に残るというのも選択肢の1つとしてあると思いますし。

 

転職成功となると転職しなければ成功じゃないというイメージが持たれがちなんですけど、他を見てみてやっぱ現職のほうがいいんだなと思えればそれも成功です。そこに気づくための第一歩を踏み出していただきたいなと思いますね。

 

 

 

書類通過率、面接通過率、年収アップ率

 

ワークポートさんの中で、転職によって年収アップする人(年収アップ率)のデータがあれば教えて頂けますか。

 

 

年収アップ率については詳細なデータをお伝えすることができないのですが、エンジニアの方はそもそも年収アップを希望していない人が多い印象です。

 

年収下がってもやりたいことやりたいという。なので、そんなに多くないんじゃないかな?というのが実情ですね。

 

 

わりと、やり甲斐を求めて、という人が多い?

 

 

営業マンの方は年収アップを目的にされる方が多いけど、IT系の方は目的として少ないですね。

 

それに年収アップだけでいっちゃうと転職うまくいかない、というのがあります。

 

目先のお金で入社した場合ってその会社へのモチベーションを何で保つのか、と思うんですよ。それで一生働きたいと思えるか、長く働きたいという目線でいくとお金のアップだけじゃないんですよね。

 

どちらかというと役割、仕事内容、ポジションとかやり甲斐の中にフォーカスがあたっていくと思うんですよね。

 

 

ワークポートさんの中で、書類通過率や面接通過率などのデータがあれば教えて頂けますか。

 

 

 

書類通過して1次面接にいけるのが約20%と出ています。10社応募して2社通過する、という確率です。他の人材紹介会社でも平均で約20%なので同じぐらいですね。

 

それに対して、面接〜内定までいける確率は他の人材紹介会社さんより、高い水準を保っています。

 

面接対策セミナーや、人事からのヒアリングをルール化してやってるのでそれが結果に現れているというのが自信ですね。

 

 

 

面接対策というのは、よく本屋で見かけるような転職本に書いてあるような内容とは違うのですか??

 

 

 

基本はそれでいいと思いますけど、それプラス自分のアピールを整理できれば1次面接は通過しやすくなると思います。

 

けどSIってみんなどこも一緒に見える。そこをどうやって志望動機つくっていくのか、等しっかり準備が必要ですよね。

 

ワークポートではいままで皆さんが面接できかれた質問事項はノウハウとしてためているので、この企業様はこういうこと聞かれますよ、というのを事前にお伝えして準備をしてもらう事ができます。

 

 

それは心強いですね。
こんなことを聞いて恐縮ですが、SEの転職における志望動機のテンプレートってあるんですか(笑)

 

 

テンプレートはないですけど、志望動機を構成する方法、最低限こういう要素を考えてみてくださいというアドバイスをします。大枠を教えてあげて、それを自分なりに当てはめる作業ですね。これが大事です。

 

考えて頂いたら、じゃそこをこういう風に言っていきましょうよとか、アドバイスもしますし。テンプレというより構成・考え方が大事ですね。。

 

 

転職を考え始めたSEの方に、最後にひとことお願いします!

 

 

最後に、いま転職を迷ってる方、ワークポートってどうなんだろうと思ってるSEの方に一言お願い致します。

 

 

(川勝さん)

先程も申し上げたところと似てくるんですけど、転職することだけが「転職活動の成功」ではないということですね。転職活動をしてみることに価値があると思います。

 

1個の会社の中で働いてるとその会社のことしかわからないんです。他がどんな仕事の仕方をしているのか、どんな環境で仕事できるのか、会社がどんな未来像を描いているか、1つの会社で働いてたらわかりません。

 

他どうなってるのかな、スキルアップしたいなと漠然と思ってる人こそ、1歩踏み出していただきたいなと思っています。

 

その先にほんとに転職するという道になるかもしれないですし、やっぱり現職のほうがいいなってなるかもしれないですけど、活動することが大事なんだ思いますね。ぜひモヤモヤ仕事をしている方に来ていただきたいなと思います。

 

 

(志太さん)

ネット上に流れている情報だけだと企業の本質は分からないんですよね。そのなかで実際に転職活動を始めてみて「意外に良かった」と思えるのか、「意外に印象が悪かった」と思うのかは実際に行動してみないとわからないです。

 

試しに履歴書をパッとつくってみて1回だけでも動いてみると、「あ、意外に自分はこんな業界では面接来てくれって言われちゃうんだ」とか、色々発見があるんですよね。

 

そういったところが分かりはじめると、自分の方向性が見えてきて、ちょっと頑張ってみようかなと思ったりするんですよね。

 

ワークポートはきっかけづくりだと思っているので、何もわかんないけど取り敢えず動いてみようと思いました、みたいなのでもいいと思います。

 

動いてみて結果的に自分の中で違うんだと思うのか、やっぱこっちが正解かな、というのが分かっただけでも転職活動の1歩だと思うので、そのために気軽に来てみてください。いつでも門戸は開いています。

 


≫ワークポート無料転職相談登録はこちら

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。

 

本日は1時間半という長丁場になりましたが、色々なお話をしていただいちゃいました。

 

SEってキャリアを考えるのが難しいし、逆に色んな道が開けているので面白い仕事だなぁと思っています。

 

ワークポートさんは親身になってお話を聞いてくれますし、転職を決意しているひとには独自のノウハウでサポートしてもらえるので、まずは現状をお話にいって求人を見てみるだけでも意味があると思いますよ!

 

ということで、今日は以上です!まずはモヤモヤを解消すべく1歩行動しましょう!

 

 

 

≪SE転職最強アドバイスTOPへ戻る