WEB系かSEか迷っています(就職・転職の最強アドバイス)

このコーナーはSE、PG、WEBへの就職・転職を検討中の方の、様々な質問に回答していくコーナーです。(にしようと思っている←ぉぃ)

今、情報系の大学生で卒業したらSIerになろうか、WEB系に行こうか迷っているという方多いと思います。あるいはいまSEだけど本当はWEBの仕事をしたかった、スキルUPのために転職を考えているという方。

SEとWEBって一言で言いますが2つの円はまったく別ではなく重なる部分もあるわけですけど、この質問をしてくる方は、SEって言ってるのは受託開発のシステム開発で金融とか通信の社内SEや、SIer、その下請けでシステム開発したり、ということを想定していると思われます。

一方WEBはWEBデザイナーのことでは勿論なくて、ECサイト(楽天とかね)他、様々なWEBサービス(mixiとかココナラのような)の開発、運営や、スマホアプリ、WEBゲーム系開発を行っていく会社のことを言っていると思われるわけです。

てことでSIerとWEB系の比較をしながら書いてゆきます。どちらが良いか、どういう選択をすればよいかという参考になればと思います。

もくじはこんな感じ

・スキルアップで比較
・お給料のことで比較
・将来性、安定のことで比較
・自分の夢目標は何なのか

スキルアップ

スキルアップといってもこの業界の場合は「技術力」という言葉で良いと思います。

SIerとWEB系とでどちらがスキルアップできるか、という話ですが個人の目標と取り組み方の問題なので難しい比較です。

ただSIerは10年以上前からやってることが変わららないのに対し、WEB系は技術もサービスも非常に進化のスピードが早いのでWEB系側に軍配が上がると思います。

SIerは僕がSEをやっていた5年前も10年前も(たぶん20年前も)ウォーターフォール型の開発スタイルが主流です。他にも開発スタイルは生み出されてきたけど大抵プロジェクトが火を吹いているように見えます。開発言語の変化はあれども伝統的な契約の取り方と営業、提案の仕方、開発の仕方、インターフェイス、DB設計は変わっていません。

一方WEB系はというと非常に流行り廃りが早いです。10数年前にようやく「ブログ」というサービスが世の中に出てきて、mixiやtwitterなどのソーシャルメディアが出てきて、スマホが出てきて、クラウドにビッグデータと、その時その時で必要とされる技術が異なります。この業界にいることはそれだけサービスの進化に敏感になり自分自身も進化をし続けなければいけない事になります。

ということで、スキルアップをしたいならWEB系がお勧めです。

お給料のこと

SIerとWEB系とどちらがお給料頂けるの?というとこれも難しいですね。会社の規模にもよりますし、多重下請け構造が当たり前のこの業界だと、下請け、孫請け、どのポジションで仕事をするかに影響する部分が大きいですから。それと本人の技術力次第で1000万円以上も狙える業界なので。

ただ、そうはいっても始まらないので一つの参考に、ということで某有名SE転職サイトで求人検索してみました。求人数と年収の割合です。

■SIerの求人数 (全1405件)
~300万円 330件 (23%)
300~500万円 641件 (46%)
500~700万円 365件 (26%)
700~1000万円 67件 (5%)
1000万以上 2件 (0.1%)

■WEB制作・インターネットサービス(全1122件)
~300万円 179件 (16%)
300~500万円 474件 (42%)
500~700万円 339件 (30%)
700~1000万円 120件 (11%)
1000万以上 10件 (0.9%)

このデータを見ると若干WEB系のほうが高収入が多いように見えますね。300~700万円帯がどちらも72%となっているのが興味深いです。現時点ではこの通りですが、WEB系は変化が激しい業界なのでこの数字も変わってくるでしょう。

まあ一般論ですが、結局は東証一部上場やそのグループ企業に入れれば給料は高めですよねー。

将来性、安定のこと

一番気になるのがこの部分かもしれませんね。

SEは35歳定年、とか言われるし、WEB系は変化が早いからついていけなくなったら終わり、などと言われる事もあります。

どの会社に入れば安定とか、どの業界にいれば将来性があるとか、そういうのは言えないです。

会社って毎月500件以上倒産してるじゃないですか。創業した会社が5年持つ確率は10%です。帝国データバンクを見ればそういったデータは公開されています。

リーマン・ショック以降、オフショア開発が流行って賃金の安いところに外注して仕事なんてなかった時代がありましたよね。これでSIerは景気に左右されやすい事が明確になっちゃいました。官公庁も金融も通信も建設業も販売業もシステム開発や更改を止めてムダなお金を使わないようになっちゃった。フリーのSEも大変な目にあった。

ということは???景気が良ければ仕事はあるけど、悪ければ無い。SEちょっと将来性厳しいんじゃない?というのが僕の意見。

そんな不安定な世界で(今はアベノミクスの影響もあって景気も一部良くなってると言われていますが)将来性と安定は結局「自分」を高めるしかないと、いう事になります。

いい大学出ていい会社に入れば定年まで安定という時代ではなく、自己責任・自助努力の時代なので。最大の安定は、東証一部企業に入社する事じゃなくて「自分が安定すること」「自分が変化に対応できること」これっす^^b!

自分の夢目標は何なのか

月並みな切り口なんですけどね、結局コレが一番重要なんでこれだけは言わせて欲しいです。自分はどうなりたいのってやつです。どんな生活をしたいのってね。仕事ってライフスタイルを実現するための手段なので、理想のライフスタイルに近づける仕事に就くのが第一です。

好きな事を仕事にできれば最高なんですけど。仕事はお金を稼ぐため、と割り切る人もいれば、せっかくの人生なんだから1日の大半の時間を使う仕事、楽しくやろうやって人もいますから。

たぶん学生は将来の事なんてこれっぽっちも考えてない人が多数だと思います。(自分がそうだったw)目の前の仕事に飛びつこうとして気づいたらそうなったって人多いです。(自分もw)てことなんで。

中途の転職組の場合はその辺しっかり考えてる人が多いように見えて意外と少ないようです。一度転職したものの理想と違う、といってまた転職するような転職に失敗した人の多くは目標を決めていなかった人です。これは人材紹介会社の人が適職フェアで言及していましたから、きっとそうなのでしょう。

僕自身も紆余曲折の人生ですが今は非常に満足しています。「どんな人生?」ていう目標を決めてから転職から起業までスムーズに行った気がします。転職について考えている人はこちらのサイトに様々なパターンが書いてあるので参考にしてみてください。→http://sisutemuenjinia.com/seguide/

ま、結局はどんな人生にしたいの?を先に考えようぜ!ってことです。その目標に近い職業は何なのか考えて欲しいです。

では!今日は偉そうに物申して失礼いたしましたー!


関連記事

ページ上部へ戻る