システムエンジニア転職フェアにいってきた

転職・適職フェアというイベントが各地で開催されています。

電車の広告で見かける方も多いと思いますが、
SEの転職フェアに参加して話を聞いてきたので
ツッコミを入れながらここにメモしたいと思います。笑

 

今エンジニア転職市場は?
→求人数、転職者数ともにふえている。
求人内容では未経験OKが2~3割もある

これは以前とは考えられないくらい非常にふえてると言えます。
企業がエンジニア獲得に積極的ということを表していて、
まさに売り手市場でエンジニアに有利なタイミングだと思います。
求人件数だけでなく、採用人数もふえてます。

 

他人はどう活動しているのか?↓
登録から一ヶ月以内に24%の人が1社目応募。
4ヶ月以内に3割の人が応募。
逆にいうと1年後に初応募というひとが1%いる。

他人がどのように転職活動をしているのか、
気になる人もいるのかもしれませんね。
こういった転職サイトに登録しても活動し始めるのが
1年後、という人もいるようですが平均して
3ヶ月後に入社、ぐらいを考えてる方が多いですね。

 

IT系では、25.5%が同じ職種で転職。
74.5%は異業種、異職種で転職
パッケージソフト開発、システム開発汎用系は
ちがうジャンルへの転職が9割と突出。
オープン系、Web系は同じ職種で転職する傾向が多い。

これは意外かも?
しかし異業種といってもシステム屋から営業マンへ変わる人は稀で、
ちょっとだけずらし転職する方が多いということを表してます。

 

いいところがあれば転職したい

総合的にみて今より良さそう

働いたら違った・・・

という人が多い。

まずは自分にとっての転職の条件をはっきりさせることが大切。
ここからスタートすべき。

そのとおりだと思います。

自分が満足する条件ですね例えば残業時間とか給料UPとか仕事の場所とか、
コレはゆずれない、というものを決めておくと良いです。

個人的にはその前段階で
「未来の自分を想像すること」が最も大切だと本気で思っています。

どういうことかというと、20歳の人は25歳のときどうなっていたいか、
30歳の人は35歳のときにどうなっていたいか、
35歳の人は40歳のときにどうなっていたいかを想像する。
もっと先をイメージすることが大切です。

イメージした5年後や10年後に到達するための転職ですから、
転職条件をハッキリさせましょう。

自分にとって満足度のたかい転職の条件のことです。
ココ考えておくと決断すべきときにできるようになります。

 

イイ転職をするための3つの条件 ↓
1 転職の意思を固める、転職できなくてもいいという曖昧さはNG
2 自分を過小評価しない
3 異業種、異職種にトライ

「いいとこがあれば転職したいなぁ」

「転職できなかったらそれでもいいや」
の裏返し。いい求人を見逃すので

転職意思を固めて目的を明確にすることが大切。

人それぞれタイミングがありますので、
思わぬ好条件が来たときに「よし!転職しよう!」と
なる方もいますし、意思を固める時期は難しいと思います。

なので最初から転職の意思を固めなくてもいいんじゃないかなぁ、
とも思います。

それに転職サービス側は「転職してもらって始めて自社の実績になる」ということがあるので、
転職フェアなどでは「転職するよう促したい」という意図があるんじゃないかな。

ま、その転職への熱意が企業に伝わる事もありますが。

 

いまは企業がもとめる要件に一致しなくてもOK。
スキルが活かせるかは面接で双方確認する。

「こういう部分て私のスキルが活かせますか?」
と面接のときに聞けばいいだけ。

採用側が求人欄に書ける内容が少ないので、
要件を満たしてなくても
親和性や共通点があれば応募してみるのもOK

他のジャンル、職種までアンテナはって。
SIからWebへ、が多い。

コレたしかにそのとおりだと思います。自分の守備範囲外の
業種や職種にアンテナ貼ることはチャンスが広がります。

自分の場合は範囲を広げすぎて販売や営業のほうに
いってしまったんですけどね(笑

そういう意味ではこういった転職サービス、サイト、
人材紹介サービスに登録することは自分がしらなかった
仕事を見つける機会になります。

いまSEの転職市場は売り手市場ですので、幅広く探すと
自分の条件にマッチして、未来をつかみとるイイ転職になる
可能性が高くなると思います!

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。SEの転職フェアに行ってきたのでレポしてみました。

自分が見てきたのは一部でしたけどSIerやハード屋さんから、
WEB屋さんから色々来て来場者をお誘いしてましたよ。

転職ってそう多くない人生の一大イベントの1つだと思うんですよね。
「じっくり」も大切ですが「おもいきって」も大切です。

意思が固まってなくて情報収集だけでもOKです。
エンジニア、SE転職・適職フェア、
マイナスになるイベントでは決してありませんので、
ぜひ参加してみてください^^

 

≫SE転職最強アドバイスの記事を見る

≪TOPに戻る


関連記事

ページ上部へ戻る