システムエンジニアの仕事とは?

 

大学3年制も終わりに近づいていよいよ就職活動をスタートしている人も多いことでしょう。

近年システムエンジニアの需要が高まっていることと、システムエンジニアをめざす人が多い事もあるので、ここで色々お伝えしていこうと思います。

今日は「システムエンジニアの仕事とは?」というお題目です。

システムエンジニアの仕事と一言で言っても非常に分かりにくいのが逆に特徴です(笑)

僕自身、就職するときにどんな仕事かわからずに就職しちゃいましたので。(プログラマと同じだと思ってたんだよ!!)

先にこの図を見てもらったら早いかも?と思って作ってみました。
aboutse

あっ、当然ですがこの図は自分の中のイメージ図なので必ずしもこうとは限りません。異論、反論の余地が120%存在しますのであしからず!

なんていうと信ぴょう性が低いですかね。ここで言いたいことはシステムエンジニアというのは「何でも屋」が近いんじゃないかと思います。

実際じぶんは開発もやれば提案営業なども行ってたしプログラミングもやったしコールセンターもやってましたので。

なのでシステムを活用してお金を稼ぐ仕事、と考えればOKです。システムエンジニアになろうとする人もそれぐらいの気構えで望んで欲しいと思います。

それと同時にチームワークも大切なので、何でも屋といっても自分の仕事の範囲を決めてフォローに回るような立ち回りも大切かと思います。

 

こまかく説明、システムエンジニアの仕事とは

ここでは世間一般で言うシステムエンジニアの仕事についてもお伝えしていきます。

まず一般的にはシステムの開発、ソフトやアプリの開発の仕事が多いと思います。開発に関しては以下のように2パターンあります。

・お客を探してシステム化してほしい案件を受注してシステム開発して、納品する(受託開発といいます)
・自社製品のソフトやアプリを開発して、マス向けに販売する(パッケージ開発といいます)

 

◯開発の流れ

ソフトやアプリやゲームを開発するときはまず「仕様」を決めます。

つぎに仕様にもとづいて「設計書」を書きます。

その設計書を元に「プログラミング」を行い、「テスト」して問題なければ「納品/出荷」します。

その後はマニュアルを作ったりコールセンターを設置したり、ソフトのバージョンアップなどの保守・運用も行います。

 

◯誰がどこをやるの?

これらの仕事を部分的に切り出してアウトソーシングする場合もあるし自分で全部やる場合もあります。

デザインするのが好きならやりたくないプログラミングの仕事は他人にまかせて自分はデザインを頑張る、でもOKです。プロジェクトを運営する方が好きなら進捗管理やメンバー管理に注力して細かいプログラミングやDBの設計等は丸投げしてしまう方法でもOKです。

自分の裁量で決めれるのがシステムエンジニアの仕事の醍醐味かもしれません。ま、新卒の新入社員が全部自分で決められる、というわけではありませんが。上司がいれば上司が決める場合もあるでしょうし。

一定の成果を出して信頼を獲得できて、あるいは役職がつけばそういうことも可能でしょう。

うーん。多分に誤解が多そうです(恐)志望動機などで上のような事を言わないでくださいね^^;

ふつうは管理者がいて、数名のSEがいてプロジェクトを運営していくので相談して仕事分担して進んでいくと思います。

 

システムエンジニアの中にも色んな分野がある

上で書いた図のように色んな分野があります。ソフト開発だけでなくWEBサイトの開発の他にも、データベースに特化したエンジニア、ネットワークが得意なエンジニアなど様々です。

メンバが足りなかったり予算がない場合とか小規模開発だったら全部自分で調べたり誰かに相談しながらやらなきゃいけないこともあります。

そういう意味でも上のような図になります。

それらをひっくるめてシステムエンジニアでいいと思います。就職する先の会社の事業内容や配属される部門によって異なりますので。

なので就職活動の際には求人情報の詳細をよく確認しましょう。おそらく詳細を見ただけではどんな仕事かイメージが付きにくいので、結局は面接時に面接官に詳細を聞くことになると思いますが。

自分はどこを目指すのか、どんな分野のスキルを身につけたいのかをハッキリさせていきましょう!

 

システムエンジニアとして就職したい、どこをめざす?

先日NHKか何かでシステム屋の世界が非常に売り手市場になってるそうです。リーマンショック後に大幅に削減されたシステムエンジニアの仕事が復活しているということでしょうか。

またiPhoneを始めとするスマホやタブレット端末向けのアプリ開発が伸びているため、というデータもあるそうです。

僕はゲームが好きだったのでゲームを開発するエンジニアになりたい、と思ってたんですけど残念ながらなれませんでした。システムエンジニアの世界は色んな仕事があって、面白いと思います。

次回はシステムエンジニアの仕事の大変さとか、どこを目指すとか、そういう話をしたいと思います。

では。

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る