Xサーバーでデータベースを作成する手順

 

ここではXサーバー上でデータベースを手動で作成する手順を解説しています。

WordPressを手動でインストールするときなど、データベースの作成は欠かせませんので是非覚えてください。

Xサーバーでデータベースを使えるようにするには次のような手順となります。

1.データベースの作成(MySQLの作成)
2.データベースユーザーの作成(MySQLユーザの作成)
3.作成したデータベースとユーザーを紐付け

それでは手順です。

STEP1. Xサーバーのサーバーパネルにログインして、「MySQL5設定」をクリック
makedbxserver01

STEP2. MySQLの追加をクリック
makedbxserver02

STEP3. 任意のデータベース名を入力、文字コードはなんでもいいと思いますが僕は「UTF-8」にしてます。
MySQLの追加をクリックしてデータベースを作成します。
makedbxserver03

STEP4. 「MySQLの一覧」をクリックすれば上で作成したデータベースが表示されるはずです。アクセス所有権ユーザのところは”ユーザはいません”になってるので、ユーザを作成してあげます。
makedbxserver04

STEP5. 「MySQLユーザの追加」をクリックして、MySQLユーザIDとパスワードを入力して、「MySQLユーザの追加(確認)」をクリック。次の画面で確定。
makedbxserver05

STEP6. 「MySQLの一覧」をクリックして先ほどの画面に戻ります。
makedbxserver06

STEP7. アクセス権未所有ユーザのプルダウンから先ほど作成したMySQLユーザIDを選択します。「追加」をクリックすれば、
makedbxserver07

STEP8. アクセス所有権ユーザのところに、入ります。
makedbxserver08

STEP9. もろもろを忘れないようにメモしてください。「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」そして「MySQLホスト名」の4つ。MySQLホスト名は画面一番下まで行くと画面のように記載されています。
makedbxserver09

 

この記事がおやくにたてましたらブクマかリツイートかしてください^m^
これで、データベースの作成とユーザの追加が完了しました。


関連記事

ページ上部へ戻る