VLOOKUP関数の使い方

エクセルのVLOOKUP 関数について!

さっそくですが、動画を見てもらったほうが早いかもしれません。

 

 

いちおう文字でも説明をしていきますね。
この関数の式は

=VLOOKUP(検索文字, 検索範囲, 欲しい列, false)

というふうになっています。動画でも解説していますが、たとえば↓こういった表(取引先名簿)を例にしたときに

vlookup01
No A0004 の エックススタジオさんを探して、エックススタジオさんの担当者をゲットしたい
という時に使えます。実際に式を入力すると、
=VLOOKUP(“A0004”, A6:F11, 6, false)
というふうになります。それでは1個1個解説していきますね。

 
STEP1 まずは検索したい文字を入力します

VLOOKUPのカッコの中の最初の「検索文字」は、自分が探したい文字列を入力します。 直接入力する場合は、 ” ← ダブルクオーテーションで囲ってあげます。

例の場合だと、”A0004″ と入力します。

=VLOOKUP(“A0004”, A3:F8, 6, false)

 

 

 

STEP2 次に、検索したい範囲とゲットしたい範囲を入力します。

図の赤線のようにマウスを使って指定してください。

vlookup02

または A列3行目~F列8行目 と入力してもいいです。 その場合は以下のようにA3:F8 と入力します。
=VLOOKUP(“A0004”, A3:F8, 6, false)
※検索対象となる「列」は選んだ範囲内の一番左の列でないとダメです。

 

 

 

STEP3 ゲットしたい列を入力します

ゲットしたい列は、一番左からの「何番目」で指定する必要があるので、例のばあいだと「担当者」をゲットしたので一番左の列から6番目にあるので「6」を入力します。

vlookup03

↓このようになります
=VLOOKUP(“A0004”, A6:F11, 6, false)

 

 

 

STEP4 最後はFALSE

最後にfalseと入力して、カッコを閉じればOKです。
=VLOOKUP(“A0004”, A6:F11, 6, false)

 

 
STEP5 テストしてみましょう
これまでの例のようにして、やってみます。

まず前準備としてB列の16行目のところに「No」枠を、

B列17行目に「会社名」の枠とD列に「郵便番号」枠、F列に「住所」の枠を用意しました。それぞれのセルには以下のように入力しています。

B16:  =VLOOKUP(B16,A6:F11,2,FALSE)
D16:  =VLOOKUP(B16,A6:F11,3,FALSE)
F16:  =VLOOKUP(B16,A6:F11,4,FALSE)

 

これで、Noの枠にA0003と入力すると以下の図のようになるのです。
vlookup04


関連記事

ページ上部へ戻る